【Dolf.】モーニングあり!土手町のパンケーキ専門店

一日の始めは素敵な空間でおいしいパンケーキを。 

全粒粉を使ったミールパンケーキ、ふわふわのスフレパンケーキ 。

目新しいメニューが豊富で、田舎でも都会感を味わえる。 

 

今回は弘前市中土手町のパンケーキ専門店「Dolf.(ドルフ)」の魅力を紹介します! 

 

「一日の活動のスタート地点になるようなお店にしていきたい。」 

「朝Dolf.でパンケーキを食べて、土手町の散策に練りだしていただきたい。」 

「土手町の活性化に繋げていきたい。」 

という思いを持ち、パンケーキ店を営む大湯義秀さん、高屋風我さんにお話を伺いました。 




2023年オープン/話題のパンケーキ専門店





同店は喫茶店「ブルーエイト」が入る建物の1階に、2023年12月オープン。 

店名はドイツ語で「田舎」を意味する「dorf(ドーフ)」の造語。 

外観は大きな窓ガラスが特徴で、立ち寄りやすい雰囲気です。 

 

看板には、美味しそうなパンケーキがデザインされたロゴが描かれています。

Dolf.の「D」の中にバターがのったパンケーキ、その上からとろりとかかるメープルシロップ。

このロゴには、もう一つの秘密が隠されています。 

 

実はメープルシロップ部分がヘビになっているのです! 

ロゴをよく見てみると、パンケーキの中に巧妙にデザインされたヘビが隠れているのが分かります。 

ぜひ隠れヘビを探してみてください!

一日の始まりを健康的なモーニングで!
こだわり満載の「ミールパンケーキ」




ドルフおすすめのメニューは「ミールパンケーキ」〈税込980円〉。 

実は弘前でパンケーキ屋を開くきっかけになったのが、お二人が関東で出会ったミールパンケーキでした。 

関東で食べたミールパンケーキより美味しくなるよう、材料にもとてもこだわったという自信作、ミールパンケーキのおすすめポイントを3つ紹介していただきました! 

 

「全粒粉」を使った生地 


全粒粉は普通の小麦粉と比べ、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なことが特徴で、まさに“健康的”な食材です。 

普通の小麦粉で作られたパンケーキよりも歯ごたえがあって、満腹感も得られやすいのだとか。 

 

全部が主役!豊富なトッピング 


トッピングはスクランブルエッグ、ベーコン、そして「石川ソーセージ」。 

弘前のソウルフードとして有名な石川ウインナーを製造している石川ハム商会さんの商品で、ハーブの独特な風味があるとのこと。 

そのクセのある風味がパンケーキに加わることで味わい深さが増します。 

 

弘前で味わえる希少なミールパンケーキ 


パンケーキといえば甘くて美味しいデザートというイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。 

ドルフのミールパンケーキのイメージは「健康的な朝ごはん」。 


程よい塩加減の生地と、お肉、卵にメープルをかけるとさらに美味しい! 

青森で食べられるパンケーキの中で、いわゆるお食事パンケーキは目新しく、とても希少です! 


一番人気!「スフレパンケーキ」 
定番メニューから期間限定メニューまでご紹介


老若男女問わず支持される、人気のスフレパンケーキ。

通年メニューから期間限定メニューまで、一気にご紹介いたします。

 

ふわふわの「ドルフのパンケーキ」〈税込1,200円〉 


生クリームの味の調合にこだわり、程よい甘さが特徴的なパンケーキ。 

 

甘いものを食べると胃もたれや胸焼けを感じる方も多いのではないでしょうか。 

実際に胃もたれや胸焼けを感じてしまうと、食後の満足感が薄れがちですよね。 

 

そこで大切なのが甘すぎないこと。 

程よい甘さにこだわったパンケーキは「美味しいと感じたままご退店いただきたい」、「また食べたいと思っていただきたい」というお二方の思いから生まれたのです。 

 

最後まで「美味しい」を追求したドルフのパンケーキをぜひご賞味いただきたいです!  

 

 

りんごの仕入れが可能な期間限定「アップルシナモンパンケーキ」〈税込1,680円〉 



ふわふわのスフレ生地に、青森県産りんごのシナモン煮とアールグレイの生クリームをのせたパンケーキです。 

 

海外の方にもとても人気なりんご。 

ドルフさんのパンケーキには県産の食材が沢山使われています! 

 

「今後も地産地消に取り組んでいきたい」と語ってくれたお二方、時期によるりんごの品種の変更やりんごパンケーキの新作も検討中だとか…。 

インスタグラムの新メニュー告知から目が離せません!! 

 

期間限定パンケーキ 




旬の食べ物やフルーツ、季節のイベントに合わせた期間限定パンケーキが、約1カ月ごとに登場しています。 

 

このパンケーキのコンセプトが「月1回の贅沢」。 

誕生日や記念日、自分へのご褒美等にもぜひご賞味いただきたいメニューだそうです。 

また、「何度も足を運んでくださるお客様にも楽しんでいただきたい」という思いも。 

 

過去の期間限定パンケーキは、クリームブリュレ、2種のチョコレート、いちご大福、ティラミス。 

6/17からの限定パンケーキは「フローズンメロンボールパンケーキ」〈税込1,780円〉です。 

 

ミールパンケーキもスフレパンケーキもコーヒーがとっても合います! 

ぜひご一緒にご賞味ください。 

 

お祝いごとには、、、


ドルフさんは「プレート対応」もしてくださいます。 

メッセージ、パーティースパーク(ケーキ用花火)、そしてご要望があれば音楽も変えていただけるとのこと。 

おしゃれなプレートパンケーキ×カジュアルな店内は写真映え間違いなし! 

お祝いごとにもぜひご利用してみてはいかがでしょうか。 


新メニュー登場!




モーニング(8:00~10:00)限定で新メニュー「ブルーベリーボウル」 が登場しました!

ブルーベリー、ヨーグルト、グラノーラ、その他フルーツなど、たくさんの食材が入っています。


「朝からあまり量を食べられない」という方にもオススメです。

また、暑い季節にも適しています!

ぜひご賞味ください!!



ドルフをオープンするまで




前半の記事からもお二方の「お客様にパンケーキを美味しく召し上がっていただきたい」、「土手町をもっと盛り上げていきたい」という思いが窺えたかと思います。 

ここからはもっと詳しくお二人の開業のきっかけに迫ります! 

 

弘前市出身で中学校の同級生だった大湯さんと高屋さん。 

高校卒業後弘前を離れましたが、2022年10月に「2人でお店を開こう」という話になり、会社を辞め、資金集めを始めました。 


パンケーキ専門店を開くきっかけになったのが、2023年2月に大湯さんが東京で食べた「ミールパンケーキ」。 

その美味しさに感動し、「このパンケーキを地元の人にも食べてほしい」との思いから、パンケーキ専門店を開業することを決意しました。 


2023年3月には、横浜でシェアハウス生活をしながら、パンケーキ屋を開くための準備を始めました。 

大湯さんはカフェやバーでアルバイトをしながらドリンクの作り方を学び、高屋さんは有名なパンケーキ屋で修業をし、夜はイタリアンのお店で働きながら、アラカルトの勉強をしました。 


そして2023年9月に弘前にUターン。 

テナント探しやミールパンケーキのレシピ作りに苦戦したものの「クリスマスまでにはオープンする」という目標を掲げ、2023年12月23日についにオープンしました。 

 


連日多くのお客様でにぎわう店内ですが、常連のお客様から「次の新作も楽しみにしているよ」とお声がけいただいた時は「毎月新作に挑戦してよかったな」と思うそうです。 

また、学生時代の先生が家族や先生同士で来店してくれたり、学校の生徒に広めてくれたりしていることが嬉しいと語っていました。 

 


「帰ってきてくれてありがとう」という言葉に励まされながら、日々の営業・新作開発に努めていらっしゃるお二人でした。



今後の展望


現在も大人気なDolf.ですが、今後はどのような目標を掲げているのでしょうか。 

 

活動の幅を広げていきたい 


ドルフの目標の一つが「土手町を盛り上げる」こと。 

パンケーキの提供に留まらず、さらに土手町の活性化に貢献したいという野望を抱いています。 

 

土手町のイベントといえば「カルチャーロード」ですが、 お二人は「カルチャーロードを超えるような、土手町全体を巻き込むイベントを開催し、土手町を盛り上げていきたい」という目標があるんだとか。 

お店を開くにあたって横のつながりを作るのが難しかったため、 イベントでは来場者とだけでなく、お店同士の関わりも生み出し、地域の結束力を高めていきたいと考えているそうです。 

 

また、ゆくゆくは多店舗展開もしていきたいとのこと。 
他ジャンルの飲食や飲食以外なども幅広く検討し、まだ弘前にはないものを提供できるようなお店を開くという目標も掲げています。 


宴会や打ち上げに!18:00以降はスペース利用ができる!  


ドルフの営業時間は8:00~18:00。 

18:00以降はスペースの貸し出しを行っており、 ドルフのスペースをご自由に活用いただけます。 

以前、結婚式の2次会でご利用されたお客様もいらっしゃったそうです! 

貸し切りになりますので、宴会や打ち上げ、大学のサークルの追いコンなどにもおすすめです。 

プロジェクターも準備していただけるということなので、ムービーを流したり、飲食をしながら交流会を開催したり、などの使い方もできそうですね。 

 

今後はパブリックビューイングをしてみたい!とのこと。 

「スポーツ観戦などで、いろいろな人と一緒に盛り上がれる空間を作り上げていきたい」と語っていました。 

 

(貸し切りスペース利用の詳細) 

・収容人数 約25人(要相談) 

・パンケーキ、おつまみ提供可能 

・飲み放題あり 

・プロジェクターあり 

・詳しくはInstagramからお問い合わせください。 


まとめ

今回は弘前市中土手町のパンケーキ専門店「Dolf.」について紹介しました。 

最後に「ブルーエイトさんのように長く弘前の人に愛されるお店にしていきたい」という思いを語ってくださいました。 

 

ぜひ皆さんパンケーキを食べに訪れてみてはいかがでしょうか。 

 

ドルフさんには予約サイトがあります。

基本的にはご予約制にてご案内の予定ですが、予約なしで来店された場合も、お席に余裕がある際にはご案内可能だそうです。

詳しくはドルフさんのインスタグラムをチェックしてください! 



〇施設名:Dolf.
〇場所:青森県弘前市土手町132 1F 
 ※駐車場なし
〇電話:なし
〇営業時間:8:00~18:00(Lo.17:30) 
 ※8:00~10:00はモーニング対応(Lo.9:30) 
 ※18:00~は貸し切りスペース対応 
〇定休日:火曜日
〇公式
 ・Instagram https://www.instagram.com/dolf_nakadote/



こちらもオススメ!


【cafeDemiDemi】学生街に薫る珈琲、大学生も地元の方も自然と集う場所
【StayJuicy(ステイジューシー)】弘前市民の心と体をビタミンチャージ! スムージー専門店
【CAFE&RESTAURANT BRICK】チャーミングでかわいいアップルパイがあるってホント!?

弘前NAVIロゴ